男性更年期障害

40歳を超えた男性に多い病態で、正式には加齢男性性機能低下症候群(LOH症候群)といい、

  1. 性欲と勃起能の質と頻度、とりわけ夜間睡眠時勃起の減退
  2. 知的行動、認知力、見当識の低下及び疲労感、抑うつ、短気などに伴う気分変調
  3. 睡眠障害
  4. 筋肉量と筋力低下による除脂肪体重の減少
  5. 内臓脂肪の増加
  6. 体毛と皮膚の変化
  7. 骨減少症と骨粗しょう症に伴う骨塩量低下を骨折リスク増加

といった症状が挙げられます。

男性ホルモンが減少することにより発症すると言われているが、うつ病との鑑別、メタボリックシンドローム、前立腺癌の合併も気を付けて男性ホルモン(アンドロゲン)の補充療法を施します。
主に男性ホルモン注射を2-3週毎に行います。軟膏もありますが、注射の方が効果が高い印象です。

診療案内

診療時間
午前 -
午後 - - -

診療時間
午前9:00~12:00 午後2:00~6:00
土曜午後 2:00~5:00
休  診
月曜午後、木曜午後、日曜、祝日

スタッフ募集

馬車道レディスクリニックブログ