腎臓泌尿器科疾患

腎臓で血液から尿が作られ、尿は尿管を通って膀胱に運ばれ、尿道から排出される。腎臓とこの一連の尿路と、副腎などの内分泌系・生殖系疾患等、泌尿器科の守備範囲は多岐にわたっています。主な疾患は、膀胱炎おしっこする時の痛み,頻回にトイレに行くけれどあまり出ない,血尿などの症状があり,尿検査でわかります。女性に多く、放置すると治療に難渋することがあります。早めにきちんと治療しましょう。

過活動膀胱,頻尿、尿失禁

頻尿、くしゃみをするとおしっこが漏れる,おしっこがしたくなると我慢ができなくて失禁するなど,排尿障害にも種類があります,まずは詳しくお話を伺いして尿検査や超音波検査を行います。

前立腺肥大症

尿の出が悪い、夜間排尿回数が増えた、残尿感などの症状がある方は排尿の勢いを計測したり超音波検査を行ない、残尿測定や前立腺体積の計測を行います。

前立腺癌

無症状で見つかることが多く,おしっこの症状や腰痛などの症状がある場合は進行していることがあります。血中のPSA値が高い場合にはがんが疑われ,当院では、骨盤腔MRI検査(けいゆう病院で施行)や日帰り前立腺生検を行ないます。PSAは,50歳を過ぎたら年に一回くらいは計測しておいた方が安心です。

前立腺炎

排尿時の痛みや発熱,残尿感,熱感があったり,ひどくなると高熱が出て入院が必要な場合があります。

血 尿

腎臓から尿道まで様々な疾患が考えられます。結石や腫瘍がないかをレントゲン検査や超音波検査,必要であればCT検査や軟性膀胱鏡検査を行ない診断します。

尿道炎

排尿時に痛んだり,膿が出る場合は性感染症を疑います。主に淋菌やクラミジアが原因です。

尿路結石

背中が強烈に痛い,脇腹が痛い,残尿感があるなどの症状の方はレントゲン検査や超音波検査を行なって,石の大きさや腎臓の状態をみます。腎臓結石の場合は無症状のことも多いです。体外衝撃波結石砕石術や経尿道的砕石術の適応であるか判断致します。

腎盂腎炎

腎臓内の炎症です。高熱が出て背中が痛む場合があります。もともと結石があって起こることが多く、その場合には処置が必要となります。内服でコントロールできない場合は入院施設のある病院に行っていただいた方が好ましいことがあります。

膀胱癌、尿管癌、腎盂癌、腎細胞癌

排尿症状がないにも拘らず目で見て赤い尿が出たり止まったり,排尿しづらい場合や頻尿の場合もあります。血尿を指摘された場合、尿路の検査を受けることをお薦めします。また、腎細胞癌は検診の超音波検査で発見されることが多いですが、腎血管脂肪腫との鑑別が必要です。

診療案内

診療時間
午前 -
午後 - - -

診療時間
午前9:00~12:00 午後2:00~6:00
土曜午後 2:00~5:00
休  診
月曜午後、木曜午後、日曜、祝日

スタッフ募集

馬車道レディスクリニックブログ